個人メーカー直営ハンドメイド&ブログサイト

EVERING使ってみた?|1秒でも無駄を嫌う人のための充電も不要なスマートリング

PR広告を配信しています

「お会計、●●円になります。」

「カードでお願いします。」

そう言って、あなたはいつものように財布からカードを取り出そうとしますが、ふとその動作がめんどくさく感じたことはありませんか?

スマホ決済なら、アプリを立ち上げてQRコードをかざす必要があります。

わずかな時間とはいえ、私たちは知らず知らずのうちに、決済にかかる時間をムダだと感じているのかもしれません。

そんな中、画期的な決済デバイスが登場しました。

その名も「EVERING(エブリング)」。

リング型のウェアラブルデバイスで、指輪をかざすだけであっという間に決済が完了するのです。

このEVERINGについて、実際に使ってみた感想や、製品の特徴、メリットとデメリットなどを詳しく解説します。

これを読めば、EVERINGの全てがわかる! そんな記事になっています。

キャッシュレス決済の新しい形、EVERINGに興味がある方はぜひご一読ください。

▼支払い1秒。充電ゼロ。
記事のポイント
    • EVERINGの基本情報や特徴
    • 利用できる店舗や場所、メリットとデメリット
    • 料金プランや、4年ごとの更新について
    • EVERINGのおすすめの利用者層や、実際のユーザーの評価

EVERINGを使ってみたことがない人のための基本情報

・EVERING(エブリング)とは?できることは何?
・EVERINGが使えるお店はどこですか?
・エブリングはなぜ充電不要なのでしょうか?
・EVERINGは何年使える?4年後どうなる?
・EVERINGのSuica対応はいつ?
EVERING(エブリング)
とは?できることは何?

EVERING公式サイトより

EVERING(エブリング)は、VISAのタッチ決済に対応したプリペイド式のリングです。専用アプリを使ってチャージすることで、日々の決済時に指輪をかざすだけでスムーズにお支払いいただけます。

EVERINGのコンセプトは、触れることも、待つことも、取り出したりしまったりすることもない、究極にシンプルな決済体験の提供です。充電も装飾も一切不要な、ミニマルなデザインが特徴的。指先ひとつでキャッシュレス決済が可能になります。

素材にはセラミックを採用し、コンマmm単位で調整された美しいフォルムは、身につける人の個性を引き立てます。なめらかな質感と驚きの軽さで、まるで指輪が体に溶け込むようなつけ心地を実現。独自設計のアプリで、利用履歴のチェックや残高チャージも簡単に行えます。

さらに、グローバル基準のセキュリティ、5気圧防水、金属アレルギーにも優しいセラミック素材など、安心・快適に使えるための機能も充実。ストレスフリーな決済体験により、豊かな時間を提供します。

EVERINGが使えるお店は
どこですか?

EVERINGを用いた決済は、Visaのタッチ決済対応マークがある店舗で利用可能です。レジでは「クレジットカードで」もしくは「Visaのタッチ決済で」とお伝えいただくことで、スムーズにお支払いいただけます。

現在、Visaのタッチ決済は全国230万店舗以上で導入されています。大手コンビニ各社やスーパーマーケット、カフェなどでご利用いただけるほか、スクエア端末やエアペイのあるレジでもご利用可能です。

EVERINGが使えるコンビニ・スーパーの一例としては、セブン-イレブン、イオン、LAWSON、ファミリーマート、ミニストップ、ウエルシア、まいばすけっと、コクミンドラッグ、マックスバリュ、イトーヨーカドーなどが挙げられます。

また、飲食店・カフェでは、マクドナルド、ドトール、タリーズコーヒー、エクセルシオールカフェ、サンマルクカフェ、サイゼリヤ、HUB、フレッシュネスバーガー、SUBWAY、モスバーガーなどでもEVERINGが使用できます。

今後もVisaのタッチ決済対応店舗は拡大していく見込みです。EVERINGを使えば、財布を取り出すことなく、指先ひとつでスピーディーな決済が可能。より多くの場所で、キャッシュレスライフを楽しむことができるでしょう。

エブリングはなぜ充電不要なのでしょうか?

EVERING公式サイトより

EVERINGが充電不要である秘密は、リング内部に搭載されたICチップとNFC(Near Field Communication)技術にあります。NFCは近距離無線通信の一種で、ISO/IEC 18092やISO 14443 Aなどの国際規格に準拠しています。

EVERINGをレジ端末にかざすと、端末からの電波をリング内のコイルが受信。この電流によってICチップが起動し、必要な情報をリーダーに送信して決済が完了する仕組みです。つまり、EVERINGは外部からの電力供給を受けて動作するため、内蔵電池や充電が一切不要なのです。

この技術は、ICカードやスマートフォンの非接触型決済でも広く使われているものですが、EVERINGではそれをリングサイズに小型化することに成功。指輪という日常的に身につけるアイテムに決済機能を搭載し、いつでもどこでもストレスなく使える画期的なデバイスを実現しました。

ユーザーは充電切れを気にすることなく、サッと指輪をかざすだけで瞬時に支払いが完了。快適なキャッシュレス体験を楽しむことができます。EVERINGは、最先端の非接触決済テクノロジーを活用し、私たちの日常に新たな利便性をもたらしているのです。

EVERINGは何年使える?
4年後どうなる?

EVERINGは、VISAのプリペイドカードとして機能するため、クレジットカードと同様に決済機能には有効期限が設定されています。EVERINGの有効期限は、発送日から4年後の月末までとなります。

例えば、2023年6月10日にEVERINGを発送した場合、有効期限は2027年6月30日となります。この期間内は、チャージを行うことでEVERINGを継続して利用可能です。

ただし、4年の有効期限が到来すると、それ以降はEVERINGでの決済ができなくなります。引き続きEVERINGを使用するには、再度契約を更新する必要があります。

EVERINGを長期的に使用するには、有効期限の管理が重要となります。有効期限が切れる前に更新手続きを行うことで、快適なキャッシュレスライフを継続できるでしょう。また、4年後には新たな機能を搭載したEVERINGの登場も期待できるかもしれません。

EVERINGのSuica対応は
いつ?

EVERINGは、現在のところSuicaを含む交通系ICカードには対応していません。その理由は、EVERINGが採用しているNFC(Near Field Communication)の規格にあります。

EVERINGのタッチ決済は、国際規格である「NFC(ISO/IEC 18092、ISO 14443 A)」に準拠しています。一方、Suicaを含む多くの交通系ICカードは、「FeliCa(Type F)」という日本の独自規格を使用しています。このため、現行のEVERINGではSuicaによる乗車や決済ができない状況です。

同様に、iDやQUICPayなどの国内の非接触型決済サービスにも対応していないのが現状です。

もしEVERINGがSuicaに対応するとしたら、それは現行モデルの後継となる新型での実現になるでしょう。

Suica対応の「EVERING」を心待ちにしているユーザーも多いはず。

将来のアップデートで、交通系ICカードを含む幅広い非接触型決済に対応したEVERINGが登場すれば、さらに利便性が向上するはずです。

EVERINGを使ってみた人の
レビューや購入層について

・EVERINGのレビュー・評判
・EVERINGのセキュリティについて
・エブリングのメリット・デメリット
・料金プランについて
・どんな人におすすめ?購入層は?
総括 EVERING使ってみた?製品情報や評判など
EVERINGのレビュー・評判

EVERINGの利用者からは、その利便性と革新性を評価する声が多く寄せられています。amazonでのレビューを見ると、キャッシュレス決済の新しい形として高く評価されていることがわかります。

1.レビュータイトル:指輪で支払いに未来を感じられる
レビュー内容:コストパフォーマンスは良いとは言えないがそれ以上の満足感を得られます!
サイズは専用で無くても普通の指輪測定の物でも代用可能ですがUSサイズなので間違いなく。
また指が浮腫んでる時と明日でないとかでサイズが異なるので気を付けて選びましょう
セブンイレブンは通信が遅くて失敗しやすいですね、とても早いレジもありメーカーなどによるのかもしれません
それらを差し引いても「カードで!」で指輪をピッはかなりの満足感があります

2.レビュータイトル:便利以外なにものでもない
レビュー内容:決済スピードが遅いと書かれていますが、私の場合は元々カードタッチをメインに使っていたので、変わらずです。財布から出さずに決済できるのは最高に便利です。
ただ、サイズは結婚指輪と思われないくらい大きいです。会社員だとシルバー一択ですが、それでも周りからかなり突っ込まれそう。
次期モデルでは、pasmo対応とサイズダウンを希望。

3.レビュータイトル:種明かしするのが楽しいガジェット
レビュー内容:新しい指輪つけ始めたんですねって言われて、いやいやコレ財布と話した時の驚きの顔。支払いはVISAでと言って、指輪かざしてるのを怪訝そうに見る店員さんの決済完了後の驚いた顔。それを見たいが為に買ってしまったが、後悔はしてない。
ただ一点、反応が悪くてたまに決済でもたつく時に恥ずかしくなる。

4.レビュータイトル:最高です
レビュー内容:他の方がレビューされているような反応の悪さは感じません。
改善されたのでしょうか?

5.レビュータイトル:便利
レビュー内容:今回、大阪万博のウェブ紹介の中で、このリングのことを知り即購入しました。
自分の年代的に違和感のないシルバーを選択、左手の薬指に結婚指輪と一緒に着けています。
購入の決め手は、いつも手ぶらで出掛けたい自分にとって財布、携帯すら持たなくても買い物ができたり、防水のことも評価大。登録設定も特に難しいこともなくすんなりできます。
ただ、リングを購入しなければならないことや、自分の指のサイズが分からない方は調べなければならないこと、まだまだ使える場所が限られていることを考えると、少し敷居が高いかもしれません。
でも、自分の生活スタイルに合わせて使い分け出来るので満足していますし、支払いの時に子供からはハンドパワーだ!と毎回喜んでもらえてます。

引用:amazon.co.jp

総じて、EVERINGは利便性と革新性が高く評価されており、ユーザーの満足度は高いと言えるでしょう。「最高です」「便利」といった簡潔な感想が並ぶのは、EVERINGが多くの利用者に支持されている証と言えます。

EVERINGのセキュリティについて

EVERING公式サイトより

EVERINGは、利用者の安全とセキュリティを最優先に考えた設計がなされています。まず、EVERINGはVisaが認定した国際的なセキュリティ基準に準拠しているため、安心して利用できます。

EVERINGに搭載されているセキュリティ機能は、グローバルスタンダードに基づいて設計されています。これにより、不正アクセスや情報漏洩のリスクを最小限に抑え、利用者のデータを常に保護することが可能です。

万が一、EVERINGを紛失したり盗難に遭ったりした場合でも、専用アプリから簡単に利用停止の手続きを行えます。アプリ上でワンタップするだけで、即座にEVERINGの機能をロックできるため、第三者による不正利用を防ぐことができます。この利用停止の手続きは、24時間365日いつでも行えるので、緊急時にも迅速な対応が可能です。

また、EVERINGにはチャージ機能が付いているため、利用可能な金額を制限することもできます。これによって、万が一の際の被害を最小限に抑えられるでしょう。

EVERINGは、最先端のセキュリティ技術と利用者視点に立った設計により、安全で快適なキャッシュレス決済を提供しています。ユーザーは、セキュリティ面での不安を感じることなく、EVERINGの利便性を存分に活用できるはずです。

今後もEVERINGは、セキュリティ機能のアップデートと強化を継続的に行っていくことでしょう。利用者が安心・安全にキャッシュレス決済を楽しめる環境を提供し続けることが、EVERINGの重要な責務だと言えます。

エブリングのメリット・
デメリット

EVERINGは、従来のキャッシュレス決済手段とは一線を画す利便性と革新性を備えていますが、一方で改善の余地もあるでしょう。ここでは、EVERINGのメリットとデメリットを簡単に整理してみます。

メリットとしては、何よりも決済のスピードと簡便性が挙げられます。EVERINGなら、指にはめたリングをタッチするだけで瞬時に支払いが完了。スマートフォンを取り出してアプリを立ち上げる手間が省けるため、これまでにない快適な決済体験が得られます。また、防水機能により手を洗う際もリングを外す必要がなく、衛生面でも優れています。

さらに、EVERINGは文字通り「指先ひとつ」で決済ができるため、財布やスマートフォンを持たずに外出できるのも大きな魅力。ジョギングやサイクリングなどのアクティビティ時にも大変便利に使えます。

一方、デメリットとしては、Suicaなどの交通系ICカードに対応していない点が挙げられます。現状では、鉄道やバスの利用にはEVERINGを使えないため、利便性に一定の制限があります。また、端末との通信速度が遅い場合があり、スムーズな決済に支障をきたすこともあるようです。

4年ごとにリングの再購入が必要な点や、リングのサイズ感に慣れが必要な点なども、一部のユーザーにとってはデメリットと捉えられるかもしれません。

とはいえ、EVERINGのメリットは非常に魅力的。今後、交通系ICカードへの対応や通信速度の改善などが実現すれば、さらに多くのユーザーに愛されるデバイスになるはずです。利便性と革新性を兼ね備えたEVERINGは、キャッシュレス時代の新たな決済スタンダードとして大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

料金プランについて

EVERINGは、ユーザーのライフスタイルやニーズに合わせて選べる3つの料金プランを用意しています。

まず、「スタンダードプラン」は、EVERINGを購入する最もベーシックなプランです。リングのカラーによって価格が異なり、ブラックとホワイトが税込19,800円、シルバーが税込21,450円となっています。一括払いでEVERINGを購入でき、4年間の利用権が付与されます。

次に、「月額定額プラン」は、月々の支払いでEVERINGを利用できるプランです。月額550円(税込)の支払いで、2年間EVERINGを利用可能。初期費用が抑えられるため、手軽にEVERINGを始められます。さらに、万が一の紛失やサイズ変更にも1回無料で対応してもらえるため、安心して利用できるのが特徴です。

最後に、「ホワイトピンク/ホワイトパープル/オレンジの定額プラン」も用意されています。こちらも月額550円(税込)の支払いで、EVERINGを利用できます。カラーバリエーションが豊富なため、自分らしいEVERINGを選ぶことができるでしょう。

料金プランは、ユーザーの予算や利用期間、デザインへのこだわりなどを考慮して選ぶと良いでしょう。一括払いでコストを抑えたい人にはスタンダードプラン、手軽に始めたい人には月額定額プラン、カラーにこだわりたい人にはカラー定額プランがおすすめです。

EVERINGは、料金プランの選択肢を用意することで、より多くのユーザーにキャッシュレス決済の利便性を提供しています。自分に合ったプランを選んで、スマートな決済体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

どんな人におすすめ?
購入層は?

EVERINGは、「1秒でも無駄を嫌う人」をメインターゲットとしたデバイスです。忙しいビジネスパーソンや、育児や家事に追われる主婦・主夫など、時間を有効活用したいと考える人に特におすすめと言えるでしょう。

実際の利用者を見ると、男性ユーザーが多数を占めています。しかし最近では、カラーバリエーションの充実により、女性ユーザーも増加傾向にあります。性別を問わず、最新のガジェットや便利なデバイスに関心が高い人々に支持されているようです。

EVERINGの購入を検討する際は、自分のライフスタイルとの親和性を考えてみると良いでしょう。

また、EVERINGを実際に利用している友人や知人がいれば、その感想を聞いてみるのもおすすめ。利用者の生の声を参考にすることで、自分にとってのEVERINGの魅力をより具体的にイメージできるはずです。

総括 EVERING使ってみた??製品情報や評判など
  • EVERINGはVISAのタッチ決済対応のリング型ウェアラブル決済デバイス
  • 指輪をかざすだけで簡単・スピーディーに決済が可能
  • 全国230万店舗以上のVisaのタッチ決済対応店舗で利用可能
  • 発送日から4年間の有効期限があり、更新には再契約が必要
  • ユーザーからは利便性と革新性が高く評価されている
  • Visaの国際セキュリティ基準に準拠し、アプリからの利用停止にも対応
  • ガジェットや最新機器が好きな方・時間を無駄にしたくない方におすすめ

▼1秒でも無駄を嫌う方にオススメです!

VISAタッチ対応スマートリング EVERING

このブログの作成者について

関連記事