個人メーカー直営ハンドメイド&ブログサイト

ファイブウッズの年齢層|明治23年創業の林五を代表するブランド「FIVE WOODS」

PR広告を配信しています

ファッションに敏感な方なら、最近街で見かける洗練されたレザーバッグにお気づきかもしれません。クラシックな雰囲気とモダンな機能性を兼ね備えたそのバッグは、実は130年以上の歴史を持つ日本のブランド「FIVE WOODS(ファイブウッズ)」の製品かもしれません。

昨今、ファストファッションの台頭により、短期間で使い捨てられる製品が増えていますが、その一方で、長く愛用できる質の高い製品を求める声も高まっています。そんな中、伝統的な職人技術と現代のニーズを巧みに融合させたFIVE WOODSが、静かに但確実に人気を集めています。

40代、50代のビジネスパーソンを中心に支持を得ているこのブランドですが、そのエイジレスなデザインは若い世代にも注目されつつあります。では、このFIVE WOODSとは一体どんなブランドなのでしょうか? その魅力と人気の秘密に迫ってみましょう。

▼Japan Master Made
記事のポイント
    • FIVE WOODSの歴史と背景
    • 年齢層とターゲット市場
    • 人気製品ラインナップと特徴
    • 品質へのこだわりと顧客評価

ファイブウッズの年齢層や基本情報

・ファイブウッズの年齢層
・ファイブウッズの評判
・FIVE WOODSとは
・運営会社概要
・ファイブウッズの店舗情報
ファイブウッズの年齢層

ファイブウッズの年齢層について、興味深い特徴があります。このブランドのデザインは、シンプルさを重視しているため、幅広い年齢層に受け入れられる可能性があります。エイジレスで、性別を問わず使用できる製品が多いのが特徴です。

しかし、実際の購買層を見てみると、主に40代から50代の方々が中心となっているようです。これは、ファイブウッズの販売チャンネルと関係があるかもしれません。現在、同ブランドの商品は主に百貨店や専門の鞄店で取り扱われています。これらの店舗は、比較的年齢層が高めの顧客が多く訪れる傾向があります。

ファイブウッズの製品は、高品質な素材と職人技術を用いて作られており、長く使える耐久性も特徴の一つです。このような特性は、品質や耐久性を重視する傾向がある中年層に特に魅力的に映るのかもしれません。

ただし、エイジレスなデザインを採用しているため、若い世代にも十分アピールできる可能性があります。オンライン販売の拡大や、若者向けの販売チャンネルの開拓によって、将来的には購買層の幅が広がる可能性も十分にあるでしょう。

ファイブウッズの評判
FIVE WOODSとは

FIVE WOODSより

FIVE WOODSは、1890年(明治23年)に創業した株式会社林五が手掛けるプライベートブランドです。130年以上の歴史を持つ同社は、鞄専門商社として長年にわたり、時代のニーズに合わせた商品を提供し続けてきました。

FIVE WOODSブランドは、林五の精神を体現するものとして位置付けられています。素材開発からデザイン、機能性、価格に至るまで徹底的にこだわり、使い勝手が良く、長期間使用できる鞄づくりを目指しているそうです。

同ブランドの特徴として、世界各国から厳選された素材の使用や、自社開発製品の継続的な製作が挙げられます。特に、ダレスバッグなど伝統的な鞄づくりの技術を継承しながら、現代の生活スタイルに合わせた製品開発を行っているようです。

FIVE WOODSは、「Japan Master Made」というコンセプトのもと、日本の職人技術と品質へのこだわりを強調しています。このアプローチにより、国内外の顧客から高い評価を得ているとのことです。

ブランドの製品ラインナップは、ビジネスバッグからカジュアルな日常使用のバッグまで幅広く、様々なニーズに対応しています。品質と実用性を重視しつつ、シンプルで洗練されたデザインが特徴的で、長く愛用できる製品を提供することを目指しているようです。

運営会社概要

FIVE WOODSブランドを展開する株式会社林五は、1890年(明治23年)に創業した歴史ある企業です。130年以上にわたり、鞄や財布、革小物の分野で事業を展開してきました。

同社の本社は大阪市中央区南船場に位置しています。心斎橋鉄田ビルの8階に拠点を構え、鞄・財布・革小物の企画、製造、卸売、小売業を主な事業内容としています。

現在の代表取締役社長は鶴見正臣氏が務めているそうです。

取引先としては、日本を代表する百貨店や専門店が名を連ねています。株式会社高島屋、株式会社大丸松坂屋百貨店、株式会社そごう・西武、株式会社東京デリカなどが主要取引先として挙げられています。

林五では、FIVE WOODSの他にも複数の自社ブランドを展開しています。KUBERA9981、ZONALe、DATUMなどがそれにあたります。さらに、海外ブランドの取り扱いも行っており、RONCATO、DSPTCH、COLLONIL、M.MOWBRAY、SANOHATAなどの製品も扱っているようです。

このように、株式会社林五は長年の経験と実績を活かし、自社ブランドの開発・販売と並行して、他社ブランドの取り扱いも行う総合的な鞄・革小物企業として事業を展開しています。伝統と革新を両立させながら、多様な顧客ニーズに応える製品を提供し続けているようです。

ファイブウッズの店舗情報

FIVE WOODSの製品は、全国の百貨店や専門店で購入することができます。特に、専門スタッフが在籍する正規販売代理店として、東京都の松屋銀座や阪急メンズ東京、大阪府の大丸梅田店が挙げられています。これらの店舗では、ブランドに精通したスタッフからの詳しいアドバイスを受けられる可能性が高いでしょう。

百貨店での取り扱いも多く、北海道から九州まで幅広く展開しています。例えば、大丸札幌店、新宿高島屋、名古屋栄三越、大阪高島屋、あべのハルカス近鉄本店などが挙げられます。これらの店舗では、他のブランドと比較しながら商品を選ぶことができるでしょう。

さらに、専門店やセレクトショップなどでも取り扱いがあります。フリースピリッツ、サックスバー、キソラなど、全国各地の鞄専門店で製品を見ることができます。

ただし、店頭では取り扱いのない型やカラーもあるようです。そのため、特定の商品を探している場合は、事前に店舗へ問い合わせることをおすすめします。これにより、無駄足を踏むことなく、目的の商品を確実に見ることができるでしょう。

FIVE WOODSの店舗網は、主要都市を中心に展開されていますが、地方都市にも多くの取扱店があります。このため、多くの顧客が実際に商品を手に取って確認できる機会が提供されているようです。

ファイブウッズの年齢層に
愛される製品情報

・人気シリーズ「プラトウ(PLATEAU)」
・プラトウ(PLATEAU)のレビュー
・ファイブウッズのトートバッグ
・ファイブウッズのリュック
・ファイブウッズのダレスバッグ
総括 ファイブウッズの年齢層や製品情報まとめ
人気シリーズ「プラトウ(PLATEAU)」

FIVE WOODSの代表的なシリーズの一つとして、「PLATEAU(プラトウ)」が挙げられます。このシリーズは、ブランドの理念や技術力が凝縮された製品ラインとして人気を集めているようです。

プラトウシリーズの特徴は、独自開発のオリジナルオイルドレザーにあります。このレザーは特殊な手法で油分を十分に含ませることで、優れた耐久性と撥水性を実現しているとのことです。実際の使用時に引っ掻き傷がついても、擦ることで目立たなくなるという特性があり、長期使用に適した素材として評価されています。

デザイン面では、シンプルさを追求しています。このシンプルなデザインにより、ビジネスシーンからカジュアルな場面まで幅広く使用できる汎用性の高さが特徴です。ONとOFFの両方で活用できる点が、多くのユーザーから支持を得ている理由の一つのようです。

プラトウシリーズには、トートバッグやビジネスバッグ、バックパックなど、様々な種類の製品が展開されています。それぞれの製品が、使いやすさと耐久性、そして洗練されたデザインを兼ね備えているとされています。

このシリーズは、FIVE WOODSブランドの中でも特に人気が高く、多くのリピーターを生んでいるようです。素材の質感や使い心地、経年変化による味わいの深まりなどが評価され、長く愛用される製品として知られています。プラトウシリーズは、FIVE WOODSの品質とデザインへのこだわりを体現する代表的な製品ラインと言えるでしょう。

プラトウ(PLATEAU)のレビュー

ウィークエンドトート (Lサイズ)-FIVE WOODSより

プラトウ(PLATEAU)シリーズの中でも、特に「ウィークエンドトート (Lサイズ)」に関する顧客の声を見てみましょう。フリースピリッツ楽天市場支店では、2024年6月29日現在で37件のレビューが寄せられており、総合評価は★4.84と非常に高い評価を得ているようです。

多くの購入者が、品質の高さとデザインの良さを評価しています。ある40代の会社員は、電車通勤での使用に適していると感じたようです。13インチのノートPC、手帳、A4ノート、水筒などが余裕を持って収納でき、自立する点も高く評価されています。

素材に関しては、オイルドレザーの質感や耐久性が好評です。引っかき傷がついても擦ることで目立たなくなる特性や、経年変化による味わいの深まりを楽しみにしている声も多く見られます。

カラーバリエーションも魅力の一つのようです。ダークブラウンやネイビー、バーガンディーなど、落ち着いた色合いがビジネスにもカジュアルにも適していると評価されています。

サイズ感についても、多くのユーザーが満足しているようです。書類やPCはもちろん、デジタル一眼カメラなども収納できる容量が好評です。また、手持ちでも肩掛けでも使いやすい点も評価されています。

価格については、決して安価ではないものの、品質と耐久性を考慮すると、長期的に見て良いコストパフォーマンスだと感じている購入者が多いようです。

総じて、プラトウシリーズは高い品質、洗練されたデザイン、実用性のバランスが取れた製品として、多くのユーザーから支持を得ているようです。

ファイブウッズの
トートバッグ

ビジネストート (Mサイズ)【PLATEAU】-FIVE WOODSより

FIVE WOODSのトートバッグは、高品質な素材と洗練されたデザインで知られています。代表的な製品を2つ紹介しましょう。

まず、「ビジネストート (Mサイズ)【PLATEAU】」は、ビジネスシーンに適した薄マチレザートートです。価格は51,700円(税込)となっています。この製品の特徴は、書類やPCが倒れずに収納できるすっきりとしたシルエットです。底部には馬具にも使われる「肉盛り」という伝統的な補強技法が施されており、長期間の使用に耐える丈夫な作りになっているそうです。ハンドルは一枚革を折りたたんで作られており、手や肩に優しくフィットし、肩からずり落ちにくい工夫がされています。

次に、「ショッピングトート【PLATEAU】」は、より大容量な万能レザートートです。価格は59,400円(税込)です。このトートバッグは、仕事はもちろん、出張や週末の旅行にも使える汎用性の高さが特徴です。底部の補強や一枚革のハンドルなど、「ビジネストート」と同様の技術が用いられています。

両製品とも、FIVE WOODSの代表シリーズである「PLATEAU」ラインの一部です。このシリーズは、独自のオイルドレザーを使用しており、引っ掻き傷がついても擦れば目立たなくなる特性があるとのことです。

これらのトートバッグは、シンプルでありながら機能的なデザイン、高品質な素材、そして長期使用を考慮した耐久性が特徴となっています。ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活用できる汎用性の高さも、多くのユーザーから支持されている理由の一つのようです。

ファイブウッズのリュック

ビジネス バックパック Wタイプ【GRAIN】-FIVE WOODSより

FIVE WOODSのリュックは、ビジネスからカジュアルまで幅広い用途に対応する製品が展開されています。代表的な2つの製品を紹介しましょう。

まず、「ビジネス バックパック Wタイプ【GRAIN】」は、上品なシボを揃えた国産シュリンクレザーを使用した高級感のあるビジネスリュックです。価格は51,700円(税込)です。ジャケットスタイルにも違和感なく馴染む洗練されたデザインが特徴です。

機能面では、書類やPCの収納に最適化されており、15インチまでのPCに対応するコンパートメントを備えています。多彩な収納機能により、細かな仕分けが可能で、忙しいビジネスシーンをサポートする設計となっているようです。また、ショルダーベルトは本体背面に収納可能で、ブリーフケースとしても使用できる点も魅力的です。

次に、「バックパック【PLATEAU】」は、64,900円(税込)で、シンプルかつ機能的なデザインが特徴です。ラウンド型シルエットでカジュアルな印象を持ちつつ、紳士鞄職人の技術で作られた自立するしっかりとした構造により、オンオフ両方で使用できる汎用性の高さが魅力です。

2層構造で15インチまでのノートPCを収納でき、1泊の出張にも対応可能なサイズ感となっています。内装には小物を整理できる3つの仕切りポケットが付いており、使い勝手の良さも考慮されています。ショルダーパーツは革の特性を活かした形状や厚みの工夫により、肩への優れたフィット感を実現しているそうです。

両製品とも、高品質な素材と職人技術を駆使して作られており、長期間の使用に耐える耐久性と実用性を兼ね備えています。FIVE WOODSのリュックは、ビジネスパーソンからカジュアルユーザーまで幅広い層に支持されているようです。

ファイブウッズの
ダレスバッグ

シングルダレスバッグ【PLATEAU】-FIVE WOODSより

FIVE WOODSのダレスバッグは、伝統的なデザインと現代的な機能性を融合させた製品として知られています。代表的な2つの製品を紹介しましょう。

まず、「シングルダレスバッグ【PLATEAU】」は、69,300円(税込)で販売されています。このバッグは、レトロな雰囲気を醸し出す袋縫いで仕立てられており、古い旅行鞄のような趣があります。興味深いことに、このデザインは林五のアーカイブにそのルーツがあるそうです。

1泊程度の小旅行に適したサイズ感ながら、現代のビジネスツールにも対応しています。大きな開口部は金具の開閉のみで操作でき、書類やノートPCの出し入れがスムーズに行えるよう設計されています。また、取り外し可能なショルダーストラップが付属しており、使い勝手の良さも考慮されています。

次に、「ダレスバッグ L【TEDS】」は、71,500円(税込)で、より伝統的なダレスバッグのデザインを踏襲しています。ビジネスシーンに風格を与える外観が特徴で、熟練の職人が丁寧に作り上げた高級感のある仕上がりとなっています。

内装は仕切りがあり、書類などの整理がしやすく、13インチのパソコンやバッテリーなども余裕を持って収納できます。中央と側面にベロアを使用することで、本体を軽量化しつつ上品な印象を与えています。

両製品とも、FIVE WOODSの代表的なシリーズである「PLATEAU」と「TEDS」の一部です。これらのダレスバッグは、伝統的なデザインを大切にしながらも、現代のビジネスニーズに応える機能性を備えています。高品質な素材と職人技術により作られており、長期間使用できる耐久性も特徴の一つです。FIVE WOODSのダレスバッグは、クラシックな雰囲気を好む方や、ビジネスシーンで差をつけたい方に特に人気があるようです。

総括 ファイブウッズの年齢層や製品情報まとめ
  • ファイブウッズは40~50代を中心に支持されているが、エイジレスなデザインで幅広い年齢層に適している
  • 1890年創業の株式会社林五が手掛けるプライベートブランド
  • 「Japan Master Made」をコンセプトに、高品質な素材と職人技術にこだわる
  • 全国の百貨店や専門店で購入可能、専門スタッフがいる正規販売代理店もある
  • 「PLATEAU」シリーズは独自開発のオイルドレザーを使用し、高い耐久性と撥水性が特徴
  • トートバッグ、リュック、ダレスバッグなど多様な製品ラインナップを展開
  • ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで使える汎用性の高さが魅力
  • 伝統的なデザインと現代的な機能性を融合させた製品が多い
  • 高品質な素材と職人技術により、長期使用に耐える耐久性を実現
  • ユーザーからは品質、デザイン、実用性のバランスの良さが高評価

▼高品質な素材と職人技術にこだわったバッグを手に入れたい方にオススメです!

創業130年の鞄メーカー 林五のオリジナルブランド【FIVE WOODS】

このブログの作成者について

関連記事