個人メーカー直営ハンドメイド&ブログサイト

土屋鞄のランドセル購入で後悔しないために|使うほどに愛着の湧く老舗ブランド情報まとめ

PR広告を配信しています

ランドセル選びは、お子さまの小学校生活の大切なスタートを飾る重要な決断です。6年間使い続けるものだからこそ、慎重に選びたいものですよね。その中でも、土屋鞄のランドセルは多くの家族から支持を得ている人気ブランドの一つです。

しかし、「高いけど本当に価値があるの?」「子どもが気に入った色を選んでも後悔しない?」「6年間本当に使えるの?」など、様々な疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

このブログでは、土屋鞄のランドセルの特徴や人気の理由、選ぶ際の注意点などを詳しく解説します。ランドセル選びで後悔しないために、どんなポイントをチェックすべきか、一緒に見ていきましょう。

土屋鞄のランドセルを検討している方はもちろん、ランドセル選びに悩んでいる全ての方々にとって、有益な情報となるはずです。それでは、土屋鞄のランドセルの魅力に迫っていきましょう!

▼土屋鞄のランドセル
記事のポイント
    • 土屋鞄の歴史と品質へのこだわり
    • 多様な素材と人気シリーズの特徴
    • 価格帯と6年間の無料修理保証
    • 購入前の確認事項と後悔しないための選び方

土屋鞄のランドセルで後悔しないための基本情報

・土屋鞄のランドセルとは?どこの国のブランド?
・土屋鞄のランドセルの特徴は?
・ランドセルの各素材の個性やメリット
・小さい?A4ファイルは入らない?
・土屋鞄のランドセルで一番軽いのは何ですか?
土屋鞄のランドセルとは?どこの国のブランド?

土屋鞄のランドセルは、1965年に創業した日本の企業、土屋鞄製造所が手がける製品です。「6年間の成長を支える丈夫さ」と「使うほどに愛着が深まる、美しい佇まい」を大切にし、同社の職人が一つひとつ丁寧に製作しているそうです。

このブランドの歴史は、創業者の土屋國男氏が東京の下町にある自宅の片隅に11坪の工房を開いたことから始まりました。以来、6年間の成長を支える丈夫さと、使うほどに愛着が深まる美しい佇まいを追求し続けているとのことです。

土屋鞄のランドセルは、子どもたちの心豊かな未来を願う家族の思いが込められた製品として知られています。同社は、ランドセルが子どもたちの記憶の中で生き続ける優しい思い出の器となるよう、心を込めて製作しているそうです。

「こどもたちとご家族を、心まで満足させるランドセルをつくる」という創業者の信念が、現在も職人たちに脈々と受け継がれているとのこと。職人たちは自分の技に驕ることなく、一つひとつのランドセルに全力で取り組み、常により良いものを目指し続けているそうです。

このように、土屋鞄のランドセルは、職人の技術と創業以来の理念が融合した日本の老舗ブランドとして、多くの家族から支持を得ているようです。

土屋鞄のランドセルの特徴は?

土屋鞄のランドセルより

土屋鞄のランドセルには、いくつかの特徴的な点があります。

まず、安心して背負える丈夫な作りが挙げられます。良質な素材選びと丁寧な縫製に加え、負荷のかかりやすい箇所はミシンだけでなく手縫いで補強されているそうです。

次に、使うほどに愛着のわくシンプルな美しさがあります。丸みを持たせた輪郭やフタの縁の膨らみなど、細部にまで職人の技術と美へのこだわりが活かされているとのことです。

また、長く愛せる美しい色づかいも特徴の一つです。1年生の時も6年生の時も似合う色を目指し、自然の色からイメージを膨らませた奥深い色合いが用意されています。

軽くて優しい背負い心地も重要な特徴です。ふっくらと柔らかな背あてや、背中にフィットする立ち上がり背カン、走ってもずれにくいS字型の肩ベルトなどが採用されているそうです。

さらに、安心の収納力も備えています。A4フラットファイルやタブレット、体操服入れ、水筒など、一日に必要な荷物がしっかり入る容量が確保されています。

最後に、雨の日も心強い防水機能があります。人工皮革だけでなく、天然皮革にも防水加工が施されているため、特別なお手入れなしで安心して使用できるとのことです。

これらの特徴により、土屋鞄のランドセルは機能性と美しさを兼ね備えた製品として、多くの家族から支持を得ているようです。

ランドセルの各素材の個性やメリット

土屋鞄のランドセルは、様々な素材を用いて製作されています。それぞれの素材には独自の個性とメリットがあります。

牛革ハイブリッド-土屋鞄のランドセルより

牛革ハイブリッドは、牛革と人工皮革のよさを生かした素材です。傷が目立ちにくい牛革を動きの多い部分に、軽さが特徴の人工皮革をその他の部分に使用しているそうです。

牛革は、傷がつきにくく、雨や乾燥に強いのが特徴です。防水加工により、特別なお手入れが不要とのことです。

コードバンは、非常に希少で高級な革素材です。緻密で堅牢な革質となめらかな光沢が特徴で、「革のダイヤモンド」と呼ばれているそうです。

タフガード®・ライトは、本革のような風合いと軽さを併せ持つ人工皮革です。傷や擦り切れに強く、軽さと上質感のある雰囲気を両立しているとのことです。

クラリーノ®・エフは、軽くて初めから柔らかい人工皮革です。使い始めから体になじみやすく、経年変化も少ないそうです。

ヌメ革は、ナチュラルな風合いの本牛革です。使い込むほどに味わい深く経年変化するのが特徴ですが、お手入れが必要とのことです。

これらの素材の中から、好みや使用目的に合わせて選ぶことができるようです。それぞれの素材の特性を理解し、子どもの個性や家族の希望に合わせて選択することが大切だと言えるでしょう。

小さい?A4ファイルは入らない?

土屋鞄のランドセルより

土屋鞄のランドセルのサイズについて、「少し小さいのでは?」という疑問が寄せられることがあるようです。しかし、同社によると、教科書やノート、筆記用具、タブレット、巾着、水筒など1日に必要な荷物が入れられる標準的な容量だとのことです。

実際に店舗で試してみると、「すっきり入りますね」と安心される家族が多いそうです。よく質問されるという「市販のA4フラットファイルは入りますか」という点については、ぴったり収まる仕様になっているとのことで、心配は不要のようです。

各部のサイズについては、オンラインストアの各製品詳細ページで確認できるそうです。興味のある方は、そちらで詳細を確認してみるとよいでしょう。

2023年モデルから、「牛革ハイブリッド」のランドセルは、教材が多いときに備えて、従来の幅よりもマチを1cm広げて12.5cmにしたそうです。これにより、教材はもちろん、タブレットや体操服入れ、水筒などがしっかり入る安心の収納力を備えているとのことです。

このように、土屋鞄のランドセルは決して小さすぎるということはなく、むしろ必要十分な収納力を持っていると言えるでしょう。子どもの成長や学校生活の変化に合わせて、適切なサイズと収納力を備えたランドセルを提供しているようです。サイズや収納力に不安がある場合は、実際に店舗で試してみるのも良い方法かもしれません。

土屋鞄のランドセルで一番軽いのは何ですか?

クラリーノ®・エフ-土屋鞄のランドセルより

土屋鞄のランドセルシリーズの中で最も軽いのは、「クラリーノ®・エフ」を使用したランドセルです。このランドセルは、しなやかな風合いが特徴で、使い始めから体になじみやすいとのことです。

「クラリーノ®・エフ」を使用したランドセルは、主に3つのシリーズに分かれています。

1. ベーシックカラーシリーズ:
長年愛される黒と赤のシンプルな色と佇まいが特徴です。背あてと内装に白を用い、すっきりとした印象に仕上げられているそうです。

2. ベーシックカラープラスシリーズ:
ベーシックな本体色に、背あてと内装で遊び心あふれる彩りを加えたシリーズです。さりげなく映えるステッチが、愛らしさを添えているとのことです。

3. プレミアムカラーシリーズ:
クラリーノ®の柔らかな質感を生かした、他にはない絶妙な色合いが魅力だそうです。自然からイメージを膨らませた美しく奥深い色が特徴とのことです。

これらのシリーズは、軽量であることに加え、クラリーノ®・エフの特性である丈夫さやしなやかさ、革らしい風合いを兼ね備えています。軽さを重視しつつ、デザインや機能性も損なわないランドセルを選びたい方には、これらのシリーズが良い選択肢となるかもしれません。

土屋鞄のランドセルで後悔しないための購入情報

・人気の2シリーズについて
・土屋鞄のランドセル人気色ランキング
・土屋鞄のランドセルの値段は?
・土屋鞄ランドセルにカバーは必要ですか?
・返品できますか?購入前の確認事項について
・安心の6年間無料修理保証
総括 土屋鞄のランドセルで後悔しないための確認事項など
人気の2シリーズについて

土屋鞄の2025年入学用ランドセルの中で、特に人気を集めているのが2つのシリーズです。発売後1ヶ月間(2024年2月14日~3月14日)の売れ行きを集計した結果によると、RECOシリーズとアトリエシリーズが上位を占めたそうです。

RECO BASIC-土屋鞄のランドセルより

RECOシリーズは、性別にとらわれない”自由な色選び”をコンセプトにしています。こどもたち一人ひとりの豊かな個性に寄り添えるよう、背中にすっとなじんで自分らしさを引き立ててくれるカラー展開が特徴だそうです。RECO BASICで5色、RECO PREMIUMで5色の合計10色展開となっているとのことです。

アトリエシリーズは、人気ブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボレーション商品です。ランドセルを開くたびに鮮やかな絵が広がる内装が特徴で、「ミナ ペルホネン」によって描かれたオリジナル柄が施されているそうです。全6色展開となっています。

両シリーズとも、タブレット端末が教材に加わるなど重量化する荷物をしっかり入れられるよう強度を保ちながら、ランドセル自体を「大容量化」かつ「軽量化」した点が人気の理由のようです。

アトリエシリーズはメイン素材に人工皮革(タフガード®・ライト)を採用し、前年より70グラム軽い1,220グラム前後に改良されたとのこと。一方、RECOシリーズはメイン素材に牛革、サイドの収納マチ部分など部分的に人工皮革を使用した「牛革ハイブリッド」素材で、1,290グラム前後だそうです。

これらの特徴が多くの家族の支持を得て、人気の2シリーズとなっているようです。

参照:PR TIMES

土屋鞄のランドセル人気色ランキング

土屋鞄が発表した2025年入学用ランドセルの人気色ランキングによると、今年も青・ネイビー系が1位となったそうです。この結果は、発売後1ヶ月間(2024年2月14日~3月14日)の売れ行いを集計したものだとのことです。

注目すべき点として、約8割(78.2%)の購入者が昔ながらの定番「赤・黒」以外の色を選んでおり、色の選択が多様化していることがわかります。

ランキングの詳細を見ると、以下のような傾向が見られるようです:

1位. 青・ネイビー系:黒に次ぐ定番カラーとして人気を維持
2位. 黒:伝統的な人気色
3位. ピンク系:昨年の5位から3位に躍進
4位. パープル系:昨年と同じ4位を維持
5位. 茶・キャメル系:4位のパープルと僅差で5位
6位. グレー系:男女ともに人気

特にピンク系とパープル系の人気が高まっているようです。土屋鞄では、これらの色を「高学年になるまでに飽きてしまわないか」という懸念に対応するため、色見本を大人に当てて、年齢を問わず似合う色を目指しているとのことです。また、本体の色以外にも、ステッチや金具の色で全体の印象を決めるこだわりがあり、パステル系カラーでもお子さまのみならず親御さまからも支持を得ているそうです。

茶・キャメル系やグレー系は、男女問わず人気があるカラーとして注目されているようです。

このように、2025年入学用ランドセルの色選びは、従来の定番色に加えて、より多様な選択肢が好まれる傾向にあるようです。

参照:PR TIMES

土屋鞄のランドセルの値段は?

土屋鞄のランドセルの価格帯は、シリーズや素材によって様々です。以下に2025年度入学用のランドセルシリーズと価格をまとめました:

・RECOベーシック 牛革ハイブリッド:83,000円(税込)
・RECOプレミアム 牛革ハイブリッド:84,000円(税込)
・アトリエ タフガード®・ライト:85,000円(税込)
・HERTE 牛革:190,000円(税込)
・ベーシックカラー 牛革:75,000円(税込)
・ベーシックカラー コードバン:130,000円(税込)
・ベーシックカラー クラリーノ®・エフ:65,000円(税込)
・No.25 ベーシックカラープラス 牛革:77,000円(税込)
・ベーシックカラープラス クラリーノ®・エフ:67,000円(税込)
・アンティークモデル 牛革:83,000円(税込)
・アンティークモデル コードバン:150,000円(税込)
・プレミアムカラー 牛革:80,000円(税込)
・プレミアムカラー コードバン:140,000円(税込)
・プレミアムカラー クラリーノ®・エフ:70,000円(税込)

最も手頃な価格帯は、クラリーノ®・エフを使用したベーシックカラーシリーズの65,000円(税込)です。一方、最も高価なのはHERTE 牛革シリーズの190,000円(税込)となっています。

ランドセルの購入を検討する際は、予算だけでなく、子どもの好みや使用期間中の耐久性なども考慮して選ぶことが大切でしょう。また、土屋鞄のランドセルは6年間の無料修理保証が付いているため、長期的な視点で価値を考えることも重要かもしれません。

土屋鞄ランドセルにカバーは必要ですか?

土屋鞄のランドセルより

土屋鞄のランドセルは、「ヌメ革」を使用したモデル以外は防水加工が施されているそうです。そのため、通常の雨天時には特別なカバーは必要ないとのことです。

しかし、台風などで雨が特に強い日には、ランドセル全体をすっぽりと覆う「雨カバー」を使用すると安心だそうです。これは、横から入る雨で教科書やノートが濡れるのを防ぐためです。

「ヌメ革」「シェープレザー」「ダブルバットレザー」を使用したランドセルは、濡れるとシミや水ぶくれになりやすく、革が傷む原因になるとのこと。これらの素材を使用したランドセルの場合は、雨が降った時に必ず雨カバーをかぶせることが推奨されているようです。突然の雨に備えて、ランドセルの前ポケットに雨カバーを入れておくのが良いそうです。

また、長期休暇に入る際には、交通安全の黄色いカバーやランドセルカバーを外すことが推奨されています。これは、ひもの跡やカバーの塗料がカブセに付着する可能性があるためだそうです。

つまり、土屋鞄のランドセルにカバーが必要かどうかは、使用されている素材や天候条件によって異なります。通常の使用では不要ですが、特定の素材や悪天候時には雨カバーの使用が勧められています。また、長期間使用しない時はカバーを外すなど、適切な管理が大切なようです。

返品できますか?購入前の確認事項について

土屋鞄のランドセルについて、購入前にいくつかの重要な確認事項があるようです。

まず、売り切れ時期についてですが、製品ごとに異なるため具体的な時期は明示されていないそうです。ただし、2024年度入学用ランドセルの例では、4月初旬頃から【残りわずか】や【完売】の表示が出始めたとのことです。気に入ったランドセルがあれば、早めの購入を検討するのが良さそうです。

返品やキャンセルについては、原則として受け付けていないとのことです。また、注文後の製品やカラーの変更も原則として承っていないそうです。さらに、検討のための複数確保も遠慮されているようです。これは、より多くの顧客に希望のランドセルを届けるための方針だそうです。

注文したランドセルの配送時期については、2025年度入学モデルの場合、2024年6月1日〜2025年3月20日の間に順次発送されるとのことです。発送準備が始まると、メールで通知があり、その後2週間前後で発送される予定だそうです。

送料に関しては、ランドセルの注文については土屋鞄が負担するとのことです。

これらの点を踏まえると、土屋鞄のランドセル購入を検討する際は、早めの決断と注文が重要で、一度注文したら変更や返品が難しいことを理解しておく必要があるようです。

安心の6年間無料修理保証

土屋鞄のランドセルには、6年間の無料修理保証が付いているそうです。この保証は、子どもたちが卒業するまで安心して使えるよう設計されているとのことです。

特筆すべき点は、破損の原因を問わず無料で修理を行うという点です。子どもの取り扱い不良による故障も、故意による破損も、無料で修理を承るそうです。同社は、この「直して使う」という経験を通じて、ものを大切に長く使うことの重要性を伝えたいと考えているようです。

修理対象となる主な項目は以下の通りです:

・革の破れや切れ
・糸のほつれ
・肩ベルトや金具類の破損
・肩ベルトのサイズ交換

ただし、使用に支障をきたさない傷や落書き、クリーニング、におい移り、自然災害や火災などによる消失は無料修理保証の対象外となるそうです。

さらに、修理中も子どもたちの学校生活に支障が出ないよう、無料でランドセルを貸し出すサービスも行っているとのこと。修理品を送る際の費用も無料とのことです。

この6年間無料修理保証は、ランドセルの耐久性に対する同社の自信の表れであり、また長期的な視点で製品の価値を考えている証でもあるようです。購入を検討する際、この保証制度は大きな安心材料になるかもしれません。

総括 土屋鞄のランドセルで後悔しないための確認事項など
  • 日本の老舗ブランドで、職人による丁寧な製作が特徴
  • 6年間の成長に対応する丈夫さと美しさを重視
  • 様々な素材(牛革、コードバン、人工皮革など)から選択可能
  • A4フラットファイル対応の標準的なサイズ
  • 最軽量はクラリーノ®・エフ素材のモデル
  • RECOシリーズとアトリエシリーズが特に人気
  • 青・ネイビー系が人気色、ピンクやパープルも注目
  • 価格帯は65,000円~190,000円(税込)と幅広い
  • 防水加工済みだが、強い雨の日は雨カバーを推奨
  • 返品・キャンセル不可のため、注文に際して確認が必要
  • 6年間の無料修理保証付き
  • 早めの購入検討を推奨

▼使うほどに愛着のわくランドセルを手に入れたい方にオススメです!

【土屋鞄のランドセル】背中に、心に、優しい記憶を。

このブログの作成者について

関連記事