個人メーカー直営ハンドメイド&ブログサイト

ルバートアンドコー(RUBATO&Co.)の評判|栃木レザーによるカードが立つ長財布

PR広告を配信しています

ファッションの世界では、時として小さなアイテムが大きな存在感を放つことがあります。特に、毎日使う財布は、その人のスタイルや価値観を静かに物語る重要なアイテムです。

近年、日本のレザーアイテム市場に新たな風を吹き込んでいるブランドがあります。それが「RUBATO&Co.(ルバートアンドコー)」です。

クラウドファンディングで驚異的な支持を集め、財布ジャンルで歴代最高額を達成したこのブランド。一体何がそれほどまでに人々を惹きつけているのでしょうか?

日本の伝統的な職人技と現代的なデザイン、そして「時を、遊ぶ。」という独特のコンセプト。これらが融合した RUBATO&Co. の世界観は、多くの人の心を掴んでいるようです。

本記事では、この注目のブランド「RUBATO&Co.」の魅力に迫ります。製品の特徴から、ユーザーの評判、さらには購入時の注意点まで、詳しく見ていきましょう。

あなたの次の財布選びの参考に、ぜひお役立てください。

▼Makuakeで話題の財布
記事のポイント
    • 栃木レザーと職人技が生み出す高品質な日本製財布
    • 独自設計による使いやすさと洗練されたデザイン
    • クラウドファンディングでの圧倒的支持と高評価
    • 経年変化を楽しむためのアフターサービスの充実

ルバートアンドコーの評判や基本情報

・ルバートアンドコーの評判(SNS)
・RUBATO&Co.とは
・RUBATO&Co.のお財布工房について
・栃木レザーとは
・RUBATO&CO.SMITHとは
ルバートアンドコーの評判(SNS)
RUBATO&Co.とは

RUBATO&Co.(ルバートアンドコー)は、「時を、遊ぶ。」をコンセプトに掲げるレザーアイテムブランドです。自由なテンポで時を楽しむように、時間とともに表情を変えるレザー製品の魅力を提供しています。

同社の製品開発では、「一生もの」を届けることを重要なテーマとしているようです。永く愛用できる製品を作るため、日本製の高級「栃木レザー」を採用しています。この素材は、使い込むほどに独特の風合いが出てくるのが特徴だそうです。

RUBATO&Co.は、素材はもちろん、製造までのすべてを日本製にこだわっているとのこと。革職人が一つ一つ手作りで仕上げ、革の加工も縫製も「昔ながらの工程」で丁寧に行われています。表面に見えない部分への配慮が、長く使用できる高品質につながっているようです。

このブランドは、「BLACKMAN」というチームによって全面プロデュースされています。モデル、元ミュージシャン、ブランディングデザイナー、カメラマン、アパレルバイヤーなど、各分野のプロフェッショナルが集まり、商品開発からブランディング、撮影、デザイン、マーケティングまでを手がけているそうです。

RUBATO&Co.は、永く愛用できる製品を通じて、レザーアイテムの魅力を多くの人に伝えようとしているブランドのようです。

RUBATO&Co.のお財布工房について

RUBATO&Co.より

RUBATO&Co.の製品は、「永く愛す」という理念のもと、日本の熟練職人によって完全ハンドメイドで製作されているそうです。工場生産ではなく、すべて国内の職人の手によって作られているとのことです。

同社の製品を製造しているのは、愛知県の知多半島にある工房だそうです。この工房は親子2代30年以上の歴史があり、テレビ局の取材を何度も受けた実績を持っているとのこと。初代は主にレザーバッグを、二代目は主に革小物を製造しており、その確かな技術が親から子へと受け継がれているようです。

特筆すべきは、RUBATO&Co.の製品が昔ながらの「足踏みミシン」を使用して縫製されていることです。一般的な電動ミシンと比べて縫うスピードは遅いものの、職人が意のままにスピードをコントロールでき、針穴の間隔を均等に縫い上げたり、カーブ部分を慎重に縫い上げることができるそうです。

同社によると、永く愛用できる製品を作るためには丁寧な手仕事が欠かせないとのこと。表には出ない細部へのこだわりが品質の良さを決定づける重要な要素だと考えているようです。
RUBATO&Co.は、この手作業によるクオリティの高さと、職人の温もりが感じられる製品を通じて、顧客に長く愛用してもらえる商品を提供しようとしているようです。

栃木レザーとは

栃木レザーは、「日本一の品質を誇る」と評される高級レザーブランドです。RUBATO&Co.は、この栃木レザーを採用しているそうです。

栃木レザーの特徴は、しなやかさと丈夫さという機能性はもちろん、使い込むほどに味わい深く表情を変えていくことにあります。このため、レザー本来の魅力を存分に楽しむことができるとのことです。

栃木レザーの製造過程は非常に手の込んだものだそうです。原皮から革になるまでに、20以上もの工程を経るとのこと。各工程にエキスパートがおり、昔ながらの鞣し(なめし)工程を守り続けているそうです。

特筆すべきは、栃木レザーの鞣し工程です。有害な薬品類を一切使用せず、植物由来の成分を使用して、昔ながらの工程でじっくりと時間をかけて行われているとのこと。この手間のかかる方法が、栃木レザーの高品質を支えているようです。

また、栃木レザーの品質を示す証として、赤いタグが付けられているそうです。これは、職人たちが多くの工程を経て丁寧に仕上げた「高品質レザー」の証だとのことです。

このように、栃木レザーは伝統的な技法と職人の技術によって作られる高品質な革であり、RUBATO&Co.はこの素材を採用することで、製品の品質と魅力を高めているようです。

RUBATO&CO.SMITHとは

RUBATO&Co.より

同社が展開する「栃木レザー長財布 Smith (スミス)」という商品名の財布(価格は22,000円)は、クラウドファンディングサイト「Makuake」において、財布ジャンルで過去最高額となる2,600万円を達成し、1,600人以上の支援を集めたそうです。

SMITHの特徴は、独自のカードスタンド構造にあります。特殊構造のカード収納は、蛇腹式やサイドポケット式ではなく、たった1枚のレザーから作られているとのこと。これにより、レザーの重なりが少なく薄さを保つことができ、カードの出し入れがスムーズだそうです。

また、この財布は「中身が丸見え長財布」と呼ばれています。ジッパーを開けるだけで中身をすべて確認でき、整理整頓しやすい構造になっているそうです。カード20枚、小銭20枚、お札15枚を楽々収納できる大容量ながら、コンパクトなデザインを実現しているとのこと。

SMITHは使いやすさにも徹底的にこだわっているようです。例えば、カード収納の一部は幅を広くし、スタンプカードなども収納可能にしているそうです。また、ほつれやすい角の部分は職人技のダブルステッチで補強し、YKKのジッパーを使用するなど、細部まで作り込まれているとのことです。

カラーは、経年変化が楽しめる「ブラウン」と、どんなスタイルにも合う「ブラック」の2色が用意されているそうです。RUBATO&Co.は、この商品を通じて、使いやすさと高品質な素材の魅力を両立した長財布を提供しているようです。

ルバートアンドコーの評判の良さを詳しく

・RUBATO&Co.財布の口コミ
・経年変化を楽しむアフターサービス
・ルバートアンドコーの店舗情報
・ルバートアンドコーの偽物に注意しましょう
総括 H3見出し
RUBATO&Co.財布の口コミ

RUBATO&Co.の「栃木レザー長財布 Smith (スミス)」に対する評価は、同社の公式オンラインショップでかなり高評価を得ているようです。2024年6月30日時点で、レビュー件数は1983件に達し、その内訳は★5評価が99%、★4評価が8%、★3評価が1%となっているそうです。

多くの購入者が、この財布の機能性と美しさを高く評価しています。例えば、「装飾美に優れ、機能美にも優れている」「収納力抜群です」といった声が寄せられているとのこと。特に、カードや現金の出し入れのしやすさ、コンパクトながら大容量な点が好評のようです。

品質面でも高い評価を得ているようで、「触り心地やファスナーの滑り具合が抜群」「高級感がある」といった感想が見られます。また、「革の匂いがふわぁっと広がり、ワクワクが止まらない」といった、開封時の感動を述べる声も多いようです。

さらに、長期使用を前提とした製品設計も支持されているようです。「経年変化を楽しみながら大切に使いたい」「ライフスタイルの一部になる」といった声が多く見られるとのこと。

価格に対する満足度も高く、「この値段で手に入るのが驚きの仕上がり」「もっと高価なハイブランドの財布も検討したが、これにして良かった」といった意見が寄せられているそうです。

総じて、RUBATO&Co.の財布は、機能性、品質、デザイン、価格の面で多くの購入者から高い評価を得ているようです。

経年変化を楽しむアフターサービス

RUBATO&Co.は、製品購入後のアフターサービスにも力を入れているようです。同社のコンセプトの一つに「ライフスタイルの一部になる」という考えがあり、購入後も長期的な視点でサポートを提供しているとのことです。

特に注目すべきは、レザーアイテムの経年変化を楽しむための取り組みです。レザーは使用するほどに表情や風合いが変化していくそうですが、適切なケアを行うことで、その変化を「深みのある味」として楽しむことができるとのこと。RUBATO&Co.は、この経年変化を顧客と共に楽しんでいく姿勢を持っているようです。

具体的なアフターサービスとしては、定期的なお手入れのサポートを行っているそうです。レザーは使用しているだけで乾燥が進むため、定期的なケアが必要だとのこと。同社では、30年以上の歴史を持つ製造工房「革工房エル・パソ/TLW」が推奨する鉱物資源由来の保護クリーム(ワセリン)を付属させているそうです。

また、RUBATO&Co.は無期限保証とメンテナンスサービスも提供しているとのこと。ブランドが存続する限り、無期限で保証を行うそうです。ただし、外的要因による破損は保証対象外となる場合もあるようです。

このようなアフターサービスを通じて、RUBATO&Co.は顧客と製品との長期的な関係性を築き、レザーアイテムを通じた豊かな経験を提供しようとしているようです。

ルバートアンドコーの店舗情報

RUBATO&Co.は現在、実店舗を持たず、公式オンラインショップで購入可能となっています。

RUBATO&Co.の製品は、小さな工房にて職人が1点1点フルハンドメイドで生産しているそうです。この製造方法により、非常に高品質な革財布を作り上げることができる一方で、生産数が限られてしまうとのこと。そのため、お届けまでにある程度の時間がかかる場合があるようです。

同社は、この生産方式について「手料理が美味しいように、手書きの手紙が心に響くように」と表現しています。効率性や大量生産よりも、一つ一つの製品に愛着を持ってもらうことを重視しているようです。

このような製造・販売方式は、RUBATO&Co.のブランドポリシーの一部となっているそうです。高品質な製品を丁寧に作り上げ、それを求める顧客に直接届けるという考え方が根底にあるようです。

ただし、この販売方式は顧客にとって実物を手に取って確認できないというデメリットもあります。そのため、RUBATO&Co.は公式サイトで詳細な製品情報や使用感のレビューを提供し、オンラインでの購入をサポートしているようです。

RUBATO&Co.は、このようなユニークな販売方式を通じて、高品質なハンドメイド製品を求める顧客のニーズに応えようとしているようです。

ルバートアンドコーの偽物に注意しましょう

RUBATO&Co.の人気が高まるにつれ、偽物商品の流通が問題となっているようです。同社は公式サイトで、この問題について注意喚起を行っています。

現在、RUBATO&Co.のロゴや商品写真を無断で使用し、同社と誤認させるようなウェブサイト(なりすましECサイト)が確認されているとのこと。これらのサイトは、RUBATO&Co.の正規品を装って偽物を販売している可能性が高いそうです。

RUBATO&Co.は、同社の公式オンラインショップ以外で販売されている商品はすべて偽物であると警告しています。つまり、他のECサイトや実店舗で「RUBATO&Co.」の名前が付いた商品を見かけても、それは正規品ではない可能性が高いということです。

偽物を購入してしまうと、品質の問題だけでなく、アフターサービスも受けられないなど、様々なリスクがあります。また、知らずに偽物を使用することで、ブランドイメージを損なう可能性もあるでしょう。

このような事態を避けるため、RUBATO&Co.の商品を購入する際は、必ず公式オンラインショップを利用することが重要です。また、SNSやその他のウェブサイトで「RUBATO&Co.」の商品が販売されているのを見かけた場合は、慎重に対応する必要があるでしょう。

RUBATO&Co.は、顧客に安心して商品を購入してもらえるよう、この問題に対して積極的に対策を講じているようです。購入を検討する際は、公式情報を確認し、偽物に騙されないよう注意が必要です。

総括 ルバートアンドコーの評判やブランド、製品情報まとめ
  • 「時を、遊ぶ。」をコンセプトとする日本製レザーアイテムブランド
  • 栃木レザーを使用し、職人によるフルハンドメイド製造
  • 財布製品「Smith」は独自のカードスタンド構造と高い機能性が特徴
  • クラウドファンディングで財布ジャンル歴代最高額を達成
  • SNSや公式サイトの口コミでは高評価が多数
  • 経年変化を楽しむための無期限保証とメンテナンスサービスを提供
  • 実店舗はなく、公式オンラインショップで購入可能
  • 小規模生産による高品質と納期の長さが特徴
  • 偽物商品に注意が必要、購入は公式サイトのみを推奨
  • 機能性、品質、デザイン、アフターサービスの総合的な満足度が高い

▼これまでにない特殊構造のお財布を手に入れたい方にオススメです!

Makuakeで話題の財布【RUBATO&Co】

このブログの作成者について

関連記事